個人情報保護方針

一般社団法人 教育のための科学研究所

 

当法人は、知識基盤社会において核心的な学力である「読解力」を科学的に診断し、その高低が発生する要因を特定する研究を加速し、欠けた部分を補う教育方法を考案して人々、特に次世代を担う子どもたちの読解力を高め、日本の教育の質的向上に取り組むことを目指します。この目的に資するため、次の事業を行います。

 

  1. 「読解力」の定義確立、問題開発、試験の実施、データ収集、他テストとの関連性分析

     

  2. 「読解力」の意義普及、試験の普及促進、社会的有用性の確立、講演開示、広報活動

     

  3. 「読解力判定」サービスの提供、読解力向上指導についての情報提供

     

  4. 前各号に挙げるものの他、当法人の目的を達するために必要な事業

     

 

お客さま、ならびに当法人の事業にご賛同いただく皆さまからお預かりしている「個人情報および機密情報」を保護することは、当法人の事業活動の基本であり、重要な社会的責務であると認識しています。この理念を実践するため、個人情報保護方針を次のとおり定め、当法人の取組みとして必要かつ適正な安全管理措置を実践していきます。

 

  1. 当法人は、個人情報を取得する際には、その利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取り扱います。個人情報の利用、提供を行う際も、事前に明らかにした目的の範囲内でのみ利用、提供いたします。また、利用目的の範囲を超える場合は、法令等に定めがある場合を除き、ご本人の同意を得ることとします。

     

  2. 当法人は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守し、個人情報の取扱いについて十分な注意を払います。

     

  3. 当法人は、取得した個人情報を安全かつ正確に管理し、個人情報の漏洩、滅失または棄損等を防止するための安全管理措置及び是正処置を講じます。

     

  4. 当法人は、個人情報の取扱いに関する問合せ、苦情及び相談を受けた場合、その内容について迅速に事実関係等を調査し、速やかに誠意をもって対応します。個人情報の取扱いに関するお問合せ、苦情及びご相談は、個人情報保護相談窓口にて受け付けます。

     

  5. 当法人は、法令等の改正、社会環境の変化、情報技術及び事業内容の変化等に対応して個人情報保護マネジメントシステムの見直しを行い、継続的に改善します。

     

 

制定年月日 平成29年11月29日

一般社団法人 教育のための科学研究所
所長 新井 紀子