設問の特徴と例題

教科書、新聞記事、辞書・事典等から出題

社会人が仕事上で接する多くが、事実を他者に伝達・共有するための「事実に関する文書」です。こうした文書を初見で読んで正確に理解できる能力を測るのがリーディングスキルテストの特徴です。各出典から万遍なく出題文を選ぶことで、分野の得意・不得意、親密度に依存しない読解力を測っています。

個々の「読む」力の測定に特化した出題

純粋に「読めているか読めていないか」を見極めるため、知識の有無が正否を分ける決定的要因とならないよう出題しています。また、受検者全体の平均的傾向をつかむのではなく、個々の「読む」力の特定に特化。全員で同一問題に取り組むのではなく、全7パターンの問題群から、受検者のレベルにあった問題を出題することで問題内容による相性といった要因を排除しています。

例題見本

例題1


例題2


例題3


例題4


例題5